オリックス銀行カードローンは誰でも借りれる?

オリックス銀行カードローン

OK

数あるカードローンの中でも、オリックス銀行カードローンは利用者にとってメリットの多いカードローンで、そのため人気はトップクラスです。

 

 

特徴は以下です。

  • 金利は、業界最低水準の年利3.0%〜17.8%(利用限度額により金利が異なります)
  • ご利用限度額は最高800万円(10万円単位。更に、300万円以下は所得証明不要)
  • 業界最低水準の月々7,000円からのご返済(借入残高30万以下の場合)
  • インターネットからの依頼で登録口座へ振込で24時間即時融資が可能(但し、ジャパネット銀行を振込口座に指定の場合。その他の金融機関を指定の場合は翌日振込みとなる場合あり)
  • 原則、毎月安定した収入のある方で、申込時の年齢が満20歳以上65歳以下の方、かつ日本国内にご在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
  • 資金用途:自由(ただし、事業性資金には利用出来ません)
  • 担保・保証人:不要
  • 保証料・手数料:不要
  • 口座開設:不要

 

利用できる人

上記の特徴のようにメリットの多いオリックス銀行カードローンですが、残念ながら誰でも無条件で利用出来る訳ではありません
・申し込み時の年齢が満20歳以上65歳以下であること。
・原則、毎月安定した収入のあること。(専業主婦(主夫)、学生、年金受給のみの方は除く)
・日本国内にご在住であること。(外国籍の方は、永住者または特別永住者であること)
・オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられること。

 

申し込みに必要な書類

免許

上記利用条件を満足していれば問題ないと思いますが、オリックス銀行カードローンに申し込む場合に必要な書類がありますので、これらを揃えられるこのも実質的に利用条件になっています。

 

1)本人の名前、ご住所、生年月日が確認できる書類の写し(いずれか1通)
 ・運転免許証または運転経歴証明書
 ・各種健康保険証
 ・日本政府発行のパスポート
 ・在留カードまたは特別永住者証明書
2)所得証明書類(勤めている方の場合)
 原則、利用限度額が300万円超の場合には所得証明書類の提出が必要。(但し審査の結果、利用限度額が300万円以下の場合でも所得証明書類の提出が必要となる場合あり)
 本人の直近の年収を確認できる書類の写し(いずれか1通)
 ・源泉徴収票
 ・住民税決定通知書または課税証明書
 ・納税証明書
 ・確定申告書

 

 

補足1

利用できる人の条件内に「オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられること」というものがあります。
よく分からない条件だと思いますが、これは余り気にすることはありません。
オリックス銀行に限りませんが、カードローン会社は自社の審査の前に保険会社による事前審査があり、オリックス銀行カードローンの場合の保険会社がこの2社になります。
この2社の内どちらかがOKなら事前審査がOKとなりますので、審査が通りやすいですよと言うことを説明しているものです。

 

補足2

オリックス銀行カードローンを利用できる条件はいろいろありますが、例えば安定した収入があること、とは実際はどれくらいのことを言っているのでしょうか。
金額は問わずに毎月安定した収入があれば良く、バイトやパートでもOKという話から、
先月から働き始めたばかりではダメで、最低半年以上継続して今の仕事をしている必要あり、など一概には言えないのが実情です。
心配な場合は、オリックス銀行カードローンのH.P.に問い合わせ窓口の電話番号が記載されていますので聞いてみましょう。
実際に申し込んで審査NGとなってもNG理由は教えてくれません。事前に確認することをお勧めします。

 

補足3

既に他のカードローンに借金がある場合はどうでしょうか。
消費者金融系のカードローンの場合にはその法律により、個人の借入限度額が年収の1/3までと規定されています。これは総量規制と言う法律で、かつての消費者金融による多重債務などのトラブルを防ぐことを目的としています。
このため、消費者金融系のカードローンでは既にその額に相当する借入がある場合はカードローンに申し込みは出来ませんが、嬉しいことにオリックス銀行カードローンはこの総量規制の対象外です。
そのため既に年収の1/3以上の借金があっても、最大800万までは融資を受けることは可能です。それも業界最低水準の金利で利用出来るのです。
更に複数のローンがある場合にそれらを一本化して、金利を安くしたり返済額を減らしたり出来る、おまとめローンもあります。
その場合、金利も更に下がりますので、300万円まで収入証明不要と合わせると、これは大変大きなメリットと言えるでしょう。