オリックス銀行から郵送物・電話連絡はありますか?

カードローンの申し込み

 

新しくオリックス銀行カードローンに申し込もうと思ったとき、どのような手続きの流れになるでしょうか。
この流れはどのカードローンも同じで、以下のようになります。

 

1.申し込みをする(インターネット、電話、窓口など)
2.審査を受ける
3.在籍確認がある
4.カードを入手する
5.カードローンが利用できる

 

これらの一連の手続きのなかで、オリックス銀行からの郵便物や電話連絡はあります。
それは「3.在籍確認」の電話連絡と「4.カードを入手する」ときの郵便物です。

 

在籍確認

 

確認

在籍確認とは、本人が申請した職場に本当にいるかを確認するもので、本人が電話に出れば生年月日や住所で本人確認を行います。
この電話は申請書に記載した連絡先に掛かってきますので、申請時は自宅と職場で都合のいいほうにすればいいでしょう。
在籍確認で別の人が電話に出ても、その人は今席を外しています、ということで本人が在籍していることが判りますのでそれでもOKです。
この在籍確認は手続き上避けては通れません。
消費者金融系カードローンの場合は直接的に会社名で掛けてくること無く、担当者の個人名で掛けてくるなどの配慮がありますが、銀行系カードローンは基本的に銀行名で電話を掛けてきます。
オリックス銀行カードローンもそうです。ただ消費者金融と違い、銀行からの電話ならカードローンとは直結しませんので、余り問題は無いと言えるでしょう。
それでもカードローン会社からの電話が掛かってくることに抵抗感のある人もいると思いますが、その場合は申し込み時にその旨を相談してみてください。

 

カードを入手する

 

カードローンに申し込む訳ですから、最終的にはカードが自宅に送られてきます。
その際、カードと一緒に契約書や規約などが送られてきます。
これも一部の消費者金融系カードローンなら担当者の個人名や関連会社名など多少は配慮してくれますし、それも避けたい場合は、カードなどの郵便物を消費者金融の窓口で直接受け取ることも可能です。
ただ、オリックス銀行カードローンなどの銀行系は在籍確認同様、基本的に銀行名で郵便が送られてきます。
これは避けられませんがこれも銀行からの郵便物ならカードローンとは直結しませんので、余り問題は無いと考えるしかないでしょう。

 

はがき

尚、オリックス銀行カードローンの場合、送付先に勤務先を指定した場合でも、ローンカードは自宅住所に送付されるようですので気を付けておいてください。

 

 

 

 

その他の郵便物

 

カードローン申し込み時に行われる在籍確認の電話連絡や、カードと関連書類の郵便物は一度だけですが、郵便物はこれだけではありません。
カードローンを申し込むと、利用してもしなくても毎月の利用明細(請求書)が送られてきます。
ただこれはカードローン会社によってはメール連絡に代えることが出来ますので、郵便物が不要の場合はウェブサイトで利用明細を確認するようにしましょう。
オリックス銀行カードローンの場合、利用明細はウェブサイトのみであり、定期的な郵便物は無いようです。

 

その他の電話連絡や郵便物

 

カードローンを利用しても毎月きちんと返済していれば、特に電話連絡や郵便物はありませんが、返済が遅れたりした場合は連絡があります。
指定日に返済しなかった場合、カードローン会社から確認の電話連絡があります。ついうっかり返済日を忘れていただけなら、いついつまでに返済すると回答すれば特に問題はありません。
ただそれでも返済しなかった場合、職場や自宅に電話連絡があると共に、督促状が郵便物として自宅に送られてきます。
もしそれでも返済しなかった場合には、こんどはカードローン会社ではなく簡易裁判所から支払い督促状が来るようになります。
ここまで来ると、郵便物や電話連絡がありますか?という問題では済まなくなり、場合によっては弁護士とのやりとりも必要になるでしょう。
ここまでの郵便物や電話連絡が来るようになることだけは避けたいものです。